メニュー

花粉症の治療

花粉症花粉症は、I型アレルギー(いちがたアレルギー)に分類される疾患の一つで、植物の花粉が鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされます。

症状はくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴です。

治療について

治療には症状を抑えることが目的の対症治療と、花粉症そのものの治癒を目指す根治治療があります。また、症状が出る前から予防的に薬を服用することを行う初期治療もあります。

症状がひどくなると炎症を抑えるのが難しくなる傾向があるので、できるだけ早期に当院をご利用ください。

 

舌下免疫療法について

 当院では、舌の下にスギのエキスを入れて、体を慣れさせる舌下免疫療法の治療を行っています。12歳以上の、スギのみにアレルギーがある方が対象ですが、かなり効果がでています。希望者は火曜日午後の平野医師のときに、ご相談ください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME